写真

 23日、中国が米国製品に対する追加報復関税を発表したことを受け、トランプ米大統領は対中関税の新たな引き上げを発表した。さらに米企業に対し中国からの事業撤退も要求した。写真はG7サミットへ出発前にホワイトハウスで撮影(2019年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン/北京23日ロイター]-中国が米国製品に対する追加報復関税を発表したことを受け、トランプ米大統領は23日、対中関税の新たな引き上げを発表した。さらに米企業に対し中国からの事業撤退も要求した。通商問題を巡る米中の対立は深まる一方となっている。 中国商務省は同日、米国から輸入する750億ドル相当の製品に対し5─10%の追加関税を課すと発表。米国が9月1日から発動を予定する対中制裁関税「第4弾」に対する報復措置とみられる。一部製品に対する追加関税は9月1日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング