写真

 3月26日、米国際貿易委員会の行政法判事は、米半導体大手クアルコムが求めた米アップルのスマートフォン「iPhone」の一部輸入禁止を認めるよう勧告した。北京で2016年9月撮影(2019年 ロイター/THOMAS PETER)

[26日ロイター]-米国際貿易委員会(ITC)の行政法判事は26日、米半導体大手クアルコムが求めた米アップルのスマートフォン「iPhone」の一部輸入禁止を認めるよう勧告した。 輸入禁止が認められたのは、米インテル製の半導体が搭載されたモデル。ITCの行政法判事は今回の判断について、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング