[ダブリン27日ロイター]-欧州連合(EU)のバルニエ首席交渉官は27日、EU離脱後の英国とEUとの新たな通商関係を巡る交渉について、移行期間が終了する2020年末までの時間が短いこを踏まえると、結局年末に「合意のなき離脱」の崖っぷちに立つリスクがあるとの見解を示した。 バルニエ氏はアイルランドのバラッカー首相との共同記者会見で、「年末には英国がEUの単一市場から離脱するため、これは通常の交渉ではない。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング