写真

中国の保健当局は28日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、死者数が106人となり、北京で初の死者が出たことを明らかにした。写真は北京の天安門広場で撮影(2020年 ロイター/CARLOS GARCIA RAWLINS)

[北京28日ロイター]-中国の保健当局は28日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、死者数が106人となり、北京で初の死者が出たことを明らかにした。米政府は27日、中国への渡航を自粛するよう勧告。金融市場では中国経済への打撃を巡る懸念が広がっている。 中国国家衛生健康委員会によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング