日経平均は続落、新型肺炎を警戒 引けにかけ下げ幅縮小

ロイター / 2020年1月28日 15時49分

[東京28日ロイター]-東京株式市場で日経平均株価は続落した。中国で発生した新型肺炎の感染拡大が依然として警戒されている。朝方は前日の軟調な地合いを引き継ぐ形で幅広く売られたものの、2万3000円前後の水準は値ごろ感が働き、前場中盤から押し目買いの流入で下げ渋った。後場はしばらく安値圏で一進一退となっていたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング