写真

 6月30日、中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)常務委員会は、香港での反政府的行動を取り締まる「香港国家安全維持法案」を可決した。可決を受け、香港の民主活動家、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏らは民主派政治団体「デモシスト(香港衆志)」からの脱退を表明。デモシストは解散を発表した。写真は法案可決後、香港で撮影(2020年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港30日ロイター]-中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)常務委員会は30日、香港での反政府的行動を取り締まる「香港国家安全維持法案」を可決した。可決を受け、香港の民主活動家、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏らは民主派政治団体「デモシスト(香港衆志)」からの脱退を表明。デモシストは解散を発表した。1997年に英国から中国に返還されて以降、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング