[ベルリン30日ロイター]-ドイツ商工会議所(DIHK)が30日公表した調査によると、独経済が新型コロナウイルスによる低迷から「V字回復」する公算は小さく、会員企業の3分の2が元の状態への回復は早くても2021年になるとみている。 DIHKは「V字(回復)は見込めない」とし、調査は今年の成長率がマイナス10%になるとの予想を裏付ける結果になったと指摘した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング