写真

新型コロナウイルス感染が広がったイタリア北部の町ヴォーで実施された大規模検査から感染者の40%が無症状だったことが示され、無症状患者の特定や隔離が大規模な流行を阻止する上で重要である可能性を示唆した。写真はローマ・テルミニ駅のようす。3日撮影(2020年 ロイター/Guglielmo Mangiapane)

[ロンドン30日ロイター]-新型コロナウイルス感染が広がったイタリア北部の町ヴォーで実施された大規模検査から感染者の40%が無症状だったことが示され、無症状患者の特定や隔離が大規模な流行を阻止する上で重要である可能性を示唆した。 ヴォーは国内で初のコロナ感染者が出た後、2月21日に町全体を14日間封鎖し、その間に住民ほぼ全員に2回の検査を実施した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング