正義と恨みが交差するバノン氏の暴露本 日本の芸能界の告発者に正義への思いはあったのだろうか

夕刊フジ / 2018年1月22日 17時8分

トランプ米大統領の元側近で、「影の大統領」とまで権勢を誇ったスティーブ・バノン前首席戦略官(64)の暴露本「炎と怒り」がアメリカでベストセラーになっているという。在職当時に知り得たことを明かす“内部告発”だが、日本の芸能界でも時折、内部告発がある。在籍しつつではなく、職を退いたのちの告発のため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング