宅間孝行が日本のドラマを見たくない“ワケ” 大人が楽しめる映画「LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て」18日公開

夕刊フジ / 2019年1月17日 17時3分

18日公開の映画「LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て」は実にトリッキーなストーリーだ。予測不能の展開は低予算ゆえ生まれたという。メガホンをとった俳優で演出家、宅間孝行(48)はなぜこの作品を作りだしたのか。「ロー・バジェット(低予算)で何が作れるかというところから始まったんですよ。もし3億円あるよという話なら作ってなかったでしょう」舞台はラブホテルの一室。刑事の間宮(三上博史)はデリヘル嬢の麗華(三浦萌)とお楽しみ中だ。そこに訪れたのは妻(酒井若菜)。夫婦げんかの末、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング