川辺で練習中のサッカー選手、ワニに襲われ死亡 モザンビーク

AFPBB News / 2017年3月20日 22時37分

【AFP=時事】アフリカ南東部モザンビークのサッカー選手が川沿いの土手で練習中、ワニに襲われ死亡した。所属先のサッカークラブが20日、発表した。 16日夜に起きた事故で死亡したのは西部のテテ(Tete)州在住で、同国2部リーグのアトレチコ・ミネイロ・デ・テテ(AtleticoMineiroDeTete)に所属するエステバン・アルベルト・ジノ(EstevaoAlbertoGino)選手(19)。AFPの取材に応じた同クラブのエドゥアルド・カルバーリョ(EduardoCarvalho)監督は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング