イラク首都で自動車爆弾が爆発、15人死亡 ISが犯行声明

AFPBB News / 2017年3月21日 8時5分

【AFP=時事】イラクの首都バグダッド(Baghdad)で20日夜、自動車爆弾が爆発し、少なくとも15人が死亡、33人が負傷した。内務省当局者がAFPに明らかにした。米国のテロ組織監視団体SITEインテリジェンス・グループ(SITEIntelligenceGroup)によると、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出した。 インターネット上に出された同声明では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング