写真

米カリフォルニア州のグーグル本社(2016年11月4日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】米グーグル(Google)は20日、ハッキングの被害に遭ったウェブサイトの数が昨年32%増加したことを明らかにした。このサイバーセキュリティーをめぐる傾向が好転する見通しは立っていないという。 グーグルは、ウェブマスター向け公式ブログへの投稿で、「われわれは、この傾向が弱まるとは予想していない。ハッカーがより攻撃的になり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング