写真

北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)が公開した、首都平壌で、新型ミサイル「火星12」の開発者らを乗せたバスを迎える人々(2017年5月18日撮影、同19日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】北朝鮮の首都・平壌(Pyongyang)市街の大通りに並んだ、晴れ着姿の男性と華やかな伝統衣装姿の女性たち──国営朝鮮中央通信(KCNA)は19日、「平壌の道路は国を守る科学者たちを出迎える祝賀ムードに満ちあふれた」と報じた。 朝鮮労働党の機関紙「労働新聞(RodongSinmun)」は一面に、「国防科学戦士を熱烈歓迎する民衆」との見出しを添え、同国史上最長の射程距離を持つとされる弾道ミサイルを開発者らの写真を掲載。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング