おじから暴行受け妊娠の10歳女児、中絶認められず出産 インド

AFPBB News / 2017年8月17日 22時1分

【AFP=時事】インドで、おじから性的暴行を受けて妊娠し、最高裁が中絶手術を認めなかった女児(10)が、女の子の赤ちゃんを出産していたことが分かった。医師らが17日、明らかにした。 法的な理由により名前が明らかにされていないこの女児は、過去複数回、おじから性的暴行を受けていたとされる。このおじはすでに逮捕されている。 インドの法律では妊娠20週を過ぎた場合、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング