写真

バングラデシュのミャンマー国境沿いの町テクナフで、ボートから降りるイスラム系少数民族ロヒンギャの難民(2017年9月12日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】イスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の武装集団とミャンマーの治安部隊の戦闘が激化した先月25日以降、避難のために隣国バングラデシュに向かったロヒンギャの難民を乗せたボートが相次いで沈没している事故で、これまでに少なくとも99人の死亡が確認されていることが分かった。バングラデシュ当局は13日も、ロヒンギャとみられる7人の遺体が漂着したと明らかにした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング