米の俳優や元情報機関トップ、ロシアによる「攻撃」訴える団体創設

AFPBB News / 2017年9月20日 17時5分

【AFP=時事】「われわれは攻撃されている。戦争状態にある」「これは映画の脚本ではない」――米俳優モーガン・フリーマン(MorganFreeman)氏は、19日にソーシャルメディアに投稿された動画で、昨年の米大統領選へのロシアの介入疑惑についてこう呼び掛けた。この動画は、米国のハリウッド(Hollywood)スターや元国家情報局の重鎮らがロシアによる米国への介入の重大性を啓蒙するために立ち上げた団体「ロシア調査委員会(CommitteetoInvestigateRussia)」が制作したものだ。 ロシア調査委員会を主導するのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング