ハミルトン、波乱の展開に見舞われながらも4度目の年間総合優勝

AFPBB News / 2017年10月30日 9時6分

【AFP=時事】17F1第18戦メキシコGP(MexicanGrandPrix2017)は29日、決勝が行われ、メルセデスAMG(MercedesAMG)のルイス・ハミルトン(LewisHamilton)は、1周目にタイトルを争うフェラーリ(Ferrari)のセバスチャン・ベッテル(SebastianVettel)とクラッシュするという予期せぬ劇的な展開に見舞われたが、通算4度目の総合優勝を果たした。 仮にベッテルが優勝した場合でも、5位以内に入ればドライバーズタイトル獲得となるハミルトンだったが、クラッシュでタイヤがパンクしたことで1周目からピットに入らざるを得ず、最後尾に転落。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング