「最後の1人まで戦う」 採掘業者迫るアマゾンで矢を研ぐ先住民

AFPBB News / 2017年11月18日 8時0分

【AFP=時事】赤い腰布を着けただけの十数人は音も立てずにどこからともなく現れ、そして舗装されていない泥道をふさいだ。彼らは、先住民ワイアピ(Waiapi)の人々だ。 ワイアピはアマゾンの熱帯雨林に暮らしてきた古い民族だが、今、彼らが恐れているのは自分らの住む場所に押し寄せてくる国際的な採掘企業だ。 AFPの取材班は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング