犯罪組織の幹部、整形手術中に殺害される メキシコ

AFPBB News / 2017年11月4日 15時48分

【AFP=時事】メキシコで、犯罪組織の幹部の男が顔を変え、指紋を消す整形手術を受けている最中に手術台の上で殺害されていたことが明らかになった。プエブラ(Puebla)州当局が発表した。 プエブラ州検察当局によれば、先月30日午後、「エル・カリンバ(ElKalimba)」の通称で知られるヘスース・マルティン(JesusMartin)容疑者が整形手術を受けていた病院に武装した男らが乱入。マルティン容疑者の他に3人を殺害したという。 マルティン容疑者は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング