シリアがパリ協定への参加表明、不参加は米国のみに

AFPBB News / 2017年11月8日 5時10分

【AFP=時事】シリアは7日、2015年に採択された地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定(ParisAgreement)」に参加すると表明した。これで同協定に参加しないことを選んでいる国は、世界で米国のみとなった。 これは現在ドイツのボンで開かれている、パリ協定の具体的な規則作りを協議する国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)の第23回締約国会議(COP23)で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング