メルケル独首相、解散総選挙の可能性も 連立協議の決裂受け

AFPBB News / 2017年11月21日 9時55分

【AFP=時事】ドイツのアンゲラ・メルケル(AngelaMerkel)首相は20日、次期政権の樹立に向けて進めてきた連立協議が決裂したことを受けて、解散総選挙を行う用意があると明らかにした。少数与党の政府については「非常に懐疑的」だとし、「どんな決定にも過半数を確保する必要のない」安定した政府が必要だと強調した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング