南ア最高裁、ピストリウス受刑者の量刑を禁錮13年超に引き上げ

AFPBB News / 2017年11月24日 21時11分

【AFP=時事】南アフリカの最高裁(ブルームフォンテーン、Bloemfontein)は24日、交際相手の女性を射殺したとして殺人罪で禁錮6年の有罪判決が確定し服役中の両脚義足のランナー、オスカー・ピストリウス(OscarPistorius)受刑者に対する量刑を、当初の2倍以上に当たる禁錮13年5月に引き上げた。 ピストリウス受刑者について、検察側は同受刑者が心からの悔悟の念を示していないと主張し、量刑があまりに軽過ぎるとして上訴していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング