ロシア、通常の1000倍近い放射性物質検出の原因調査へ

AFPBB News / 2017年11月25日 14時4分

【AFP=時事】ロシア・ウラル地方南部で通常の1000倍近い量の放射性物質が検出されたとの報告を受け、科学者らによる専門委員会が調査を開始することが分かった。ロシア国営原子力企業ロスアトム(Rosatom)が24日、明らかにした。 同国の原子力安全研究所が発表したロスアトムの声明によれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング