写真

イタリア・ナポリで、ピザ作りに臨む職人たち(2017年12月6日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】韓国南部の済州(Jeju)島で開催された世界遺産委員会(WorldHeritageCommittee)で7日、イタリアのナポリピザの職人「ピッツァイオーロ(pizzaiuolo)」たちの技が国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の無形文化遺産(IntangibleCulturalHeritageofHumanity)に登録されることに決まった。 空気を混ぜ混むために空中に生地を回し投げながらピザを作る技は、イタリア南部の都市ナポリで何世代にも渡って受け継がれ、歌や物語をも含めた由緒ある儀式のような姿となった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング