中国沖で衝突・火災のタンカーで新たに爆発、日本のEEZ内に漂流

AFPBB News / 2018年1月13日 15時59分

【AFP=時事】イランは12日、中国沖で貨物船と衝突し、炎上している石油タンカーで新たに爆発が発生し、救助活動が難航していると発表した。日本は漂流した同船が日本の排他的経済水域(EEZ)内に入ったと発表した。 軽質原油13万6000トンを積んだイラン企業所有でパナマ船籍のタンカー「サンチ(Sanchi)」(全長274メートル)は6日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング