韓国軍一般兵の月給が倍増、なお最低賃金を下回る

AFPBB News / 2018年1月16日 16時25分

【AFP=時事】韓国で16日、徴兵された一般兵士の月給がこれまでの2倍近くに増額された。ただ依然として国内の最低賃金を大幅に下回ったままとなっている。 今回の改定により、二等兵の月給は16万3000ウォン(約1.7万円)から30万6100ウォン(約3.2万円)に引き上げられ、一等兵や兵長の月給も同じように増額されたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング