ウミガメの肉で食中毒か、子ども8人死亡 マダガスカル

AFPBB News / 2018年1月17日 8時41分

【AFP=時事】マダガスカル北部で、ウミガメの肉を食べたことが原因とみられる急性食中毒で、子ども8人が死亡した。同国保健省が16日、明らかにした。 ウミガメ類と24種の魚については、夏季の数か月間に有毒藻類を食べて致死性を持つ恐れがあることあるため、それらの肉を食べないよう専門家らは勧告している。 保健省の担当者は「27人が食中毒を発症し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング