韓国・釜山の区役所、米有名芸術家の作品を「目障り」として廃棄

AFPBB News / 2018年1月17日 21時12分

【AFP=時事】韓国・釜山市の海雲台(Haeundae)のビーチ脇に設置された米国人アーティスト、故デニス・オッペンハイム(DennisOppenheim)氏の遺作の一つが「目障り」になったとの理由で、市当局によって解体されたことが明らかになり、芸術愛好家らが衝撃と怒りをあらわにしている。 オッペンハイム氏は、コンセプチュアル・アートやパフォーマンス・アートの他、彫刻でも活躍したアーティスト。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング