クラスメートを刺殺容疑 15歳少年を逮捕 ドイツ

AFPBB News / 2018年1月24日 12時51分

【AFP=時事】ドイツ警察は23日、学校内でクラスメートの首を刺して殺害した容疑で15歳の少年を逮捕した。当局とメディアが明らかにした。 報道によると、警察はヘリコプターよる捜索で少年を発見し、逮捕。その際に少年は抵抗する姿勢は見せなかったという。 事件は、西部ノルトライン・ウェストファーレン(NorthRhine-Westphalia)州のリューネン(Luenen)にある学校で現地時間午前8時頃(日本時間同日午後4時頃)に発生した。 同州ドルトムント(Dortmund)の検察と警察当局は共同声明を発表し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング