ロシアが介入継続、中間選挙の脅威に 米情報機関トップが証言

AFPBB News / 2018年2月14日 4時53分

【AFP=時事】米情報機関の長官らは13日、上院情報特別委員会(SenateIntelligenceCommittee)が開いた米国の直面する緊急の脅威についての公聴会で証言し、ロシアが依然として米政治への干渉を試みており、今年11月の中間選挙で脅威となるとの見解を明らかにした。 公聴会には、ダン・コーツ(DanCoats)国家情報長官(DNI)、中央情報局(CIA)のマイク・ポンペオ(MikePompeo)長官、連邦捜査局(FBI)のクリストファー・レイ(ChristopherWray)長官、国家安全保障局(NSA)のマイク・ロジャース(MikeRogers)長官とその他2情報機関のトップ…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング