欧米はスパイ活動にトカゲを利用? イラン軍の元幹部が主張

AFPBB News / 2018年2月14日 17時58分

【AFP=時事】イラン軍の元幹部は13日、欧米諸国のスパイが「原子波を引き寄せる」能力をもつトカゲを使って、同国の核開発に対するスパイ活動を繰り広げているとの主張を展開した。 同国の最高指導者アリ・ハメネイ(AliKhamenei)師の軍事顧問を務めるハッサン・フィルザバディ(HassanFiruzabadi)氏は、地元メディアの質問に応じ、欧米諸国がイランでスパイ活動を行うため、観光客や科学者、環境保護活動家などを利用することが頻繁にあったとコメントした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング