国境なき医師団、性的虐待などで職員19人解雇 昨年

AFPBB News / 2018年2月15日 6時33分

【AFP=時事】仏パリを拠点とする国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」は14日、性的嫌がらせや性的虐待を理由に職員19人を昨年解雇していたことを明らかにした。 MSFの声明によると、同団体に昨年届いた苦情・警告146件のうち40件が性的嫌がらせまたは性的暴行の訴えだった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング