強奪された1億7000万円相当のチェロ、奏者のもとに戻る フランス

AFPBB News / 2018年2月18日 10時56分

【AFP=時事】クラシック音楽賞の受賞歴もあるフランスのチェロ奏者が15日夜、パリ北東の郊外パンタン(Pantin)の自宅前で強盗にナイフを突きつけられ、約130万ユーロ(約1億7000万円)の価値がある愛用のチェロを奪われた事件で17日、盗まれたチェロが無事に持ち主の元に戻った。 チェロ奏者のオフェリー・ガイヤール(OphelieGaillard)さんはAFPに対し「昼前に匿名の電話があって、家の前に停まっている車の中に私のチェロがあると言われたんです。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング