北朝鮮に必要なのは「ニンジンではなくむち」 ティラーソン米国務長官

AFPBB News / 2018年2月18日 11時9分

【AFP=時事】レックス・ティラーソン(RexTillerson)米国務長官は北朝鮮側から直接対話の兆候がないか「耳をそばだてている」と語った。18日放映予定の米CBSのニュース番組「60ミニッツ(60Minutes)」で述べたもの。 「60ミニッツ」のインタビュー抜粋によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング