米大使館に爆発物攻撃、手りゅう弾か 犯人は自爆 東欧モンテネグロ

AFPBB News / 2018年2月22日 15時47分

【AFP=時事】東欧モンテネグロの首都ポドゴリツァで、身元不明の人物が米大使館に手りゅう弾のようなものを投げ込んだ後、自爆した。モンテネグロ政府が22日、明らかにした。 政府はツイッター(Twitter)の公式アカウントで「モンテネグロ・ポドゴリツァの米大使館の建物前で、身元不明の人物が爆発物を使い自殺した」と説明。犯人はその直前、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング