最後のキタシロサイの雄が安楽死、残りは雌2頭に ケニア

AFPBB News / 2018年3月20日 16時30分

【AFP=時事】ケニアのオルペジェタ(OlPejetaConservancy)自然保護区で暮らしていた、地球上で最後のキタシロサイの雄が、死んだことが分かった。飼育担当者が20日、明らかにした。これでキタシロサイは雌2頭を残すのみとなった。 同保護区が発表した声明によると、45歳のキタシロサイの雄「スーダン(Sudan)」を、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング