絶滅危惧種のカワゴンドウ、「歴史的」な個体数増 カンボジア

AFPBB News / 2018年4月23日 20時42分

【AFP=時事】絶滅の危機にひんしているカンボジアの淡水イルカ、カワゴンドウ(イラワジイルカ)の個体数が、過去数十年で初めて増加に転じた。保護当局が23日、発表した。 丸く突き出した前頭部と短いくちばしで知られるカワゴンドウは、かつてはメコン川(MekongRiver)の広い流域に生息していたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング