体内時計の乱れ、気分障害と関連 研究

AFPBB News / 2018年5月16日 16時15分

【AFP=時事】体内時計の自然のリズムが乱れることよって、気分障害リスクが高まるとした研究論文が16日、発表された。一般的な孤独感から、重いうつ病、双極性障害までその範囲は広いという。 研究は9万1000人以上のデータを対象に行われた。同様のものとしては過去最大規模だという。今回、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング