コウモリが媒介?ニパウイルスに感染で10人死亡、90人隔離 インド

AFPBB News / 2018年5月22日 20時4分

【AFP=時事】(更新)インド南部で、オオコウモリが媒介する致死性の高いニパ(Nipah)ウイルスに感染し、少なくとも10人が死亡した。保健当局が22日、発表した。さらに90人が隔離されているという。 かつてカリカットと呼ばれたケララ(Kerala)州のコジコーデ(Kozhikode)地区の保健当局職員はAFPに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング