カトリック聖職者14人、性的虐待で職務剥奪 チリ

AFPBB News / 2018年5月23日 9時54分

【AFP=時事】チリでカトリック教会の聖職者による子供への性的虐待が相次いでいる問題で、中部の都市ランカグア(Rancagua)の司教事務所は22日、性的虐待に関与した聖職者14人の資格を剥奪(はくだつ)したと発表した。 同事務所は「聖職者14人は務めを果たすことがもはや許されない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング