EU離脱、英世帯の懐も直撃 所得13万円超減る

AFPBB News / 2018年5月23日 10時18分

【AFP=時事】英国の中央銀行イングランド銀行(BankofEngland)のマーク・カーニー(MarkCarney)総裁は22日、下院財務特別委員会で証言し、同国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット、Brexit)を決めた国民投票以降、英国の世帯収入は実質的に900ポンド(約13万4000円)減少したと明らかにし、ブレグジットによる先行きの不透明さが企業活動を停滞させていると警告した。 カーニー氏は、現在の経済成長は英国のEU残留を場合を想定してイングランド銀行が2年前に作成した予測より最大2%低いと指摘し、「世帯収入は2016年に出した予測より約900ポンド低くなっている」と述べた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング