トランプ氏のG7強硬姿勢、米朝会談控え「弱み見せないため」

AFPBB News / 2018年6月11日 5時25分

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(DonaldTrump)米大統領が、カナダで開催された主要7か国(G7)首脳会議(サミット)後にジャスティン・トルドー(JustinTrudeau)加首相に対して手厳しい物言いをしたのは、米朝首脳会談を目前に控え「弱み」を見せないためだったと、トランプ氏の経済顧問が10日、明らかにした。 国家経済会議(NEC)のラリー・クドロー(LarryKudlow)委員長は米CNNの報道番組「ステート・オブ・ザ・ユニオン(StateoftheUnion)」で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、KimJong-Un)朝鮮労働党委員長がトランプ氏との会談前に「米国の弱みを…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング