1983年に行方不明になった米将校、正体隠して国内に潜伏 旅券捜査で発覚

AFPBB News / 2018年6月12日 10時42分

【AFP=時事】1983年に行方不明となっていた米空軍将校が偽名を使って米カリフォルニア州で暮らしていたことが分かった。米空軍特別捜査室(AirForceOfficeofSpecialInvestigations)が明らかにした。うつ状態にあったため軍から逃げたという。 空軍特別捜査局によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング