黒人男性、犬と散歩していただけで強盗の容疑者に 米加州

AFPBB News / 2018年6月14日 15時32分

【AFP=時事】米カリフォルニア州で、犬の散歩をしていただけの黒人男性が近隣住民に警察に通報され、強盗事件の容疑者扱いされるという出来事があった。男性は肌の色が大きな要因だったことは明らかだと憤っている。 ナイジェリア生まれのアイク・イロプティフェ(IkeIloputaife)さんは先月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング