南極の氷消失、1992年以降3兆トン

AFPBB News / 2018年6月14日 19時37分

【AFP=時事】南極では1992年以降、3兆トンに及ぶ膨大な量の氷が消失したとする画期的な研究結果が13日、発表された。地球温暖化の進行に歯止めがかからなければ、南極大陸の氷によって地球の海岸線が一変する可能性があることを、今回の結果は示唆しているという。 科学者84人からなる国際研究チームが英科学誌ネイチャー(Nature)に発表した論文によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング