仏警察、夫婦交換クラブへの襲撃を阻止 過激思想の男を逮捕

AFPBB News / 2018年6月15日 9時9分

【AFP=時事】フランス警察は先月、中西部ロワレ(Loiret)県で夫婦交換クラブへの襲撃を阻止し、過激思想に傾倒したイスラム教への「改宗者」1人を逮捕していたことが分かった。捜査筋が14日明らかにした。 同筋はAFPに対し、「即席爆発装置(IED)がこの男の家で見つかった。男はスウィンガークラブ(夫婦交換クラブ)に対してこの爆発装置を使うつもりだったと認めた」と説明した。 フランスで襲撃計画が阻止されたのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング