インドネシア客船沈没、救助された船長を拘束 193人が依然不明

AFPBB News / 2018年6月21日 16時19分

【AFP=時事】インドネシア・スマトラ(Sumatra)島の火山湖で定員超過の客船が沈没し、190人以上が行方不明となっているとみられる事故で、警察当局は21日、船長の身柄を拘束し、事情聴取を行っていると明らかにした。船長は救助された18人のうちの1人だった。 事故現場は観光客に人気のトバ(Toba)湖で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング