ロシア軍、シリア南部の停戦地域で空爆 監視団発表

AFPBB News / 2018年6月24日 13時52分

【AFP=時事】シリアのバッシャール・アサド(Basharal-Assad)政権軍を支援するロシア軍が23日、シリア南部ダルアー(Daraa)県の反体制派地域に空爆を実施したと在英NGO「シリア人権監視団(SyrianObservatoryforHumanRights)」が発表した。同監視団によると昨年夏にダルアー県が停戦地域とされて以来、ロシア軍による同県での空爆は初だという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング