ギロチンの競売、フランスで物議 105万円で実業家が落札

AFPBB News / 2018年7月12日 13時20分

【AFP=時事】フランス・パリで11日、「刃が数か所欠けた」150年前のギロチンが規制当局の反対をよそに競売にかけられ、仏実業家で富豪のクリストフ・フェヴリエ(ChristopheFevrier)氏が8008ユーロ(約105万円)で落札した。 フランスは1981年に死刑制度を廃止しているが、1977年までギロチンによる死刑が執行されていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング